和菓子部門

商品名
冷やし白玉しるこ
店舗名
桔梗堂
  • 商品紹介
  • 誕生のストーリー
  • 店舗紹介・スタッフ紹介
  • ご注文方法

商品紹介

冷し白玉しるこ
小豆を煮て、一から作る自家製あん。
正真正銘の手作りしるこです。

しらたましるこ・・・“白珠知故”。容器のフタに書かれた商品名は当て字ですが、まさにワケあって知る人ぞ知る『冷やし白玉しるこ』です。 しっかり甘さがありながら乾いた喉をすうっと通っていき、後味がいい良いしること、とろけるような軟らかい白玉。まず、地元西宮のお客様が認めて、贈答品としてじわじわと各地にそのおいしさが伝わり、今や全国に知られるようになりました。4月?11月の季節限定品ですから、お買いそびれのないように。

  • 冷し白玉しるこ
  • 冷し白玉しるこ

ページトップへ

誕生のストーリー

オーナー
見た目よりも味が大切。
だから、これからもこのままで。

桔梗堂三代目 高尾 哲司

素材にこだわり、一から作ることを大切に。

和菓子屋さんは、夏場はちょっと暇になるそうです。そこで、二代目の泰三さんが、当時、地元でブームになっていたゼリーを発想のヒントに、夏に喜んでもらえる和菓子の研究を始めました。三代目となる息子の哲司さんも知らない30数年前のことです。
とろっとしたポタージュスープのような口あたりの良いしるこは、創業以来、備中産の高級小豆を店舗兼自宅にある工場で煮ることから始まります。近年は、専門業者からあんを仕入れている和菓子屋が多くなっていますが、桔梗堂の朝は、小豆の火入れのため午前5時から始まります。
そして、白玉はとても軟らかく、口の中でふわっととろけます。冷やしてこの軟らかさを保つことに一番苦労したそうです。

インタビュー
お客様がおいしさを伝えて、人気を高めてくれました。

『冷やし白玉しるこ』は発売から徐々に評判を呼び、10年ほど前に人気テレビ番組で紹介されたことから、人気商品になりました。今では1日に1,000?2,000個を製造。発売時期も以前の7・8月限定から4?11月に拡大しましたが、春先に暖かい日が続くと問い合わせが多くなるそうです。
泰三さんが「舌が肥えている西宮のお客様が贈答品として購入して、広めてくれたんです」と言うと、息子の哲司さんは「何年か前にホームページを作ろうと思いましたが、すでに写真付きでたくさん載せてもらっているので(笑)」と話します。おいしいと思ったお客様が、少しずつ着実に、そのおいしさを伝えていってくれました。
芸能界でも人気のようで、撮影所や劇場などへの発送依頼も頻繁にあるそうです。皆さんが大好きなあの芸能人もすでに『冷やし白玉しるこ』のファンかもしれません。

子ども達においしいあんの味を知ってほしい。

「見た目にこだわるのは好きじゃないんです。味が良ければ、という考えでやってきました」。泰三さんのこの言葉に、哲司さんも「これからもこのままでやっていこうと思います」と応えます。素朴な容器だけでなく、材料も製法も、作り始めてから今までほぼ変わらず。自家製のあんにこだわる限り、数も今以上は増やせませんが、それで良いとのこと。 さらに、「子ども達においしいあんの味を知ってほしい」とも。幼い時から本当の味を知っていれば、きっとあん好きに、ひいては和菓子好きになってくれるはず。すっきりした後味の『冷やし白玉しるこ』がそのきっかけのおやつになったら、と夢が膨らみます。

ページトップへ

店舗紹介・スタッフ紹介

桔梗堂

TEL.0798-48-1611 FAX. 0798-40-1810
〒663-8172 西宮市甲子園二番町1-16
◆定休日/不定休
◆営業時間/平日:8:00~19:00 日曜:8:00~17:00
◆冷やし白玉しるこ ¥305(1個) ¥1,830(6個)¥3,050(10個)

ページトップへ

ご注文方法

●ご注文の際、商品の金額などの詳細は、直接お店にご確認下さい。

FAXからのご注文
受付時間:平日 8:00~19:00/日曜日 8:00~17:00
FAX番号:0798-40-1810

「専用FAX注文用紙」をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、ファックスしてください。

専用FAX注文用紙ダウンロードはこちら(PDF)


電話からのご注文
受付時間:平日 8:00~19:00/日曜日 8:00~17:00
電話番号:0798-48-1611

★ご注文からお届けまで
お電話もしくはFAXにて、ご希望の商品・個数・お届け先をお知らせください。

当店よりご注文内容・納期・商品代金と送料の合計金額・支払方法・振替口座先をお電話にて ご連絡致します。

ページトップへ