セミナーイベント

中左

検定

中右

貸会議室のご案内

会館へのアクセス
HOME ›  セミナー・イベント情報 ›  人材育成研修セミナー

人材育成研修セミナー

2月は中堅社員研修を充実しました。
新年度に向けて新しい職位に就く予定の皆様にご紹介いたします。
研修名 日時
(1) 「企業参謀の学びなおし」コーチング研修
 自律する部下を育てるための基礎的スキルを学ぶ
 2月1日(木)13:30~17:30
   詳細はこちら »
(2) 有能な上司が部下をつぶす なぜ部下は期待に応えないのか  2月2日(金)13:30~17:30
   詳細はこちら »
(3) 「企業参謀の学びなおし」事業計画のつくり方セミナー
 できる企業参謀が実施しているアイデアだしと計画づくりまでのポイント
2月5日(月)13:30~17:30
   詳細はこちら »
(4) 実践営業マン! マーケティング研修
 行動の最適化を実現する
2月8日(木)13:30~17:30
   詳細はこちら »
(5) 企業参謀の折れない心の作り方
 ビジネススキルとしてのレジリエンスセミナー
2月13日(火)13:00~17:00
   詳細はこちら »
(6) 長時間労働を防ぐ タイムマネジメント
 健康と生産性の両立のために
2月19日(火)
   詳細はこちら »
(7) 学び直し「接遇研修」 
 継続的な接客接遇のセルフチェックで、おもてなしを組織の力に!
2月26日(月)
   詳細はこちら »


参加費 無料
申込み方法 下記の申込みフォームからお申込みください。
※応募締切:1月31日(水)



(1) 「企業参謀の学びなおし」コーチング研修 自律する部下を育てるための基礎的スキルを学ぶ

日時:平成30年2月1日 (木) 13:00~ 場所:西宮商工会館 別館3F中会議室
(株)経営人事教育システム 華 多真美 氏

昨年度、西宮商工会議所「マナーアップセミナー」講師、尼崎、草津商工会議所での講演あり、他企業もあり

<<カリキュラム>>
オリエンテーション
  • 研修目的の共有
  • 自己紹介、アイスブレイク
1.コーチングとは
  • (1)職場のストレスの現状
  • (2)日頃のチームメンバーとの関わり
  • (3)コーチングとティーチング
  • 【講義、ワークシート】
2. コーチングの基礎知識
  • (1)コーチングのしくみ
  • (2)コーチングのスキル
  • (3)よくある誤解
  • (4)コーチングが機能する条件 
  • 【講義、ワークシート】
3.コーチングの実際
  • (1)会話の組み立て
  • (2)質問のスキル
  • (3)焦点の当て方
  • (3)背中を押す
  • (3)実習
  • 【講義、ワークシート】
4.まとめ
  • (1)本日の気付き
  • (2)今後の実践項目


(2) 有能な上司が部下をつぶす なぜ部下は期待に応えないのか

日時:平成30年2月2日 (金) 13:30~17:30
坂本社労士事務所 坂本 美智子 氏
坂本社労士事務所 坂本 美智子 氏

社会保険労務士、兵庫県社会保険協会、社会復帰促進センター等公的機関などでの講師

<<カリキュラム>>
オリエンテーション ・研修の目的、進め方について解説します
1.自己分析
  • ・自己分析シートに記入し、部下の育成において、問題点を認識する
  • ・部下に対する態度・姿勢を見直す
2.指導のつもりがパワーハラスメント
  • ・パワーハラスメントについて基本的な知識を学ぶ
3.部下のやる気と上司の教え方
  • 上司の教え方で、部下の成長を促すことを学び、やる気を引き出す方法を学ぶ
4.真に有能な上司となるために
  • ・部下へ仕事を任せ、結果を評価することを学ぶ


(3)「企業参謀の学びなおし」事業計画のつくり方セミナー
できる企業参謀が実施しているアイデアだしと計画づくりまでのポイント

日時:平成30年2月5日 (月) 13:30~17:30
株式会社ヒューマンラボ 森 昭彦 氏
株式会社ヒューマンラボ 森 昭彦 氏

メーカー勤務を得て、中小企業診断士登録、昨年度、西宮商工会議所「課題解決力向上セミナー」講師

<<カリキュラム>>
オリエンテーション
  • ・主催者側挨拶
  • ・受講の姿勢をつくるための導入講義
  • ・なぜ事業計画が大切か、事業計画の意義を学ぶ
  • ・一般的な事業計画の基本構成と、計画に必要なポイントを学ぶ
  • ・自社の状況が背景にある「必然性」と、顧客にとっての価値を高めるための「独自性」の意義を学ぶ
  • ・ビジネスモデル・キャンバスの活用方法を体感する
  • ・事業計画の作成を通じて、事業内容をブラッシュアップし、事業の魅力を高める方法を学ぶ
  • ・事業計画をアイデアに留めないために、事業の「実現可能性」を強化するポイントを学ぶ
  • ・ケーススタディを通じて、事業計画の検討方法を体感する
1.良い事業計画のポイント
(1)なぜ事業計画が大切か?
(2)事業計画の基本構成
(3)魅力的な事業計画の事例紹介
2.アイデアの段階で、十分に魅力を高める
(1)事業の魅力を高めるのは「必然性」と「独自性」
(2)事業の必然性とは何か、独自性とは?
(3)ビジネスモデル・キャンバスを使った事業の解析
(4)[演習]ビジネスモデル・キャンバスの作成と解析
3.事業計画の検討と作成
(1)事業計画の検討と作成を通じて、「必然性」「独自性」「実現可能性」を高める
(2)事業の「実現可能性」を支える3つのパワー価値創出力/価値提供力/事業経営力
(3)[演習]ケーススタディ概要事業計画の作成
まとめ・質疑応答


(4) 実践営業マン! マーケティング研修 行動の最適化を実現する

日時:平成30年2月8日 (木) 13:30~17:30
(株)経営人事教育システム 会員 石川 将平 氏
(株)経営人事教育システム 会員 石川 将平 氏

尼崎、草津商工会議所での講演あり、他企業もあり

<<カリキュラム>>
1.初めに 「研修の目的と全体像」
 【講義】
2.マーケティングの理解と必要性の認識
『戦略的一貫性』のイメージ化
(1)貴社が顧客へ提供する価値は何か
(2)ターゲットはどこなのか→収益性と貴社価値への要求度で分類する
(3)何をもって他社との差別化を図っているのか
(4)価値の具現化マーケティングフレームワークの活用

【講義、グループワーク】

3.マーケティングフレームワークの理解
各種フレームワークの理解と営業現場における活用方法
(1)4C、4P、SWOT、その他主要フレームワークを用いた商談トーク
(2)AIDMAを前提としたマインドフローの理解
(3)4Cの観点から『生きた情報』の収集

【講義】

4.まとめ ~戦略的営業活動の理解と実践~
【講義】
5.質疑応答  


(5) 企業参謀の折れない心の作り方 ビジネススキルとしてのレジリエンスセミナー

日時:平成30年2月13日 (火) 13:00~17:00
(株)ヒューマンラボ 瓜生 稔 氏
株式会社 ヒューマンラボ 森 昭彦 氏

IT企業勤務を経て研修会社を設立、重機器

<<カリキュラム>>
オリエンテーション
挨拶、自己紹介、お願い事項、アイスブレイク
  • ・この研修の意義や趣旨を理解する。
  • ・レジリエンスとは何かを理解し、レジリエンスが必要な背景としてのストレスの存在を解する。
  • ・レジリエンスを鍛えるための第1ステップとして、繰り返し起こるネガティブ感情の存在に築き、自身のネガティブ感情の傾向をつかむ。
  • ・ストレス体験とネガティブ感情の間にある思い込みの存在に気づく。
  • ・日常からレジリエンスを鍛える4つの方法(考え方)を理解する。
  • ・レジリエンスを鍛える1つとしての「教訓化」から、逆境体験の振り返りを行い、逆境を乗り越えるための自身の強みを認識する。
  • ・レジリエンス力を鍛えるための自己目標を設定する。
レジリエンスの必要性
(1)ストレスとストレッサーになるもの
(2)レジリエンスとは
ネガティブ感情に対処するために
(1)ネガティブ感情への対処法
(2)ネガティブ感情のラベリングと気晴らし
(3)個人ワーク・グループワーク「私のネガティブ感情の傾向は?」
(4)思い込み(捉え方)のクセを見い出す
レジリエンス・マッスルを鍛える4つの方法
逆境体験を教訓化する
(1)逆境体験の振り返り
(2)個人ワーク・グループワーク
(3)レジリエンス力を鍛えるための目標設定
まとめ


(6) 長時間労働を防ぐ タイムマネジメント 健康と生産性の両立のために

日時:平成30年2月19日 (月) 
坂本社労士事務所 坂本 美智子 氏
坂本社労士事務所 坂本 美智子 氏

<<カリキュラム>>
オリエンテーション 「研修の目的、進め方について解説します
1.タイムマネジメント自己分析
  • ・自己分析シートに記入し、自身の時間管理において、問題点を認識する
  • ・時間に対する態度・姿勢を見直す
2.業務タイプで解決策を図る
  • ・自身の業務タイプを把握し、タイプ別の解決策を学ぶ
3.仕事の優先順位のつけ方
  • ・目標がタイムマネジメントを実現することを学び、仕事の優先順位のつけ方を学ぶ
4.プランニング
  • ・自身の時間の使い方を記入シートを使用して見直し、プランニングの基礎を学ぶ


(7)学び直し「接遇研修」 継続的な接客接遇のセルフチェックで、おもてなしを組織の力に!

日時:平成30年2月26日 (月) 
株式会社aim	会員 米谷 侑子 氏
株式会社aim 会員 米谷 侑子 氏

<<カリキュラム>>
オリエンテーション ・講師挨拶・今回の研修の目的と目標
  • 1.サービスの理解
  • 2.接遇の理解
  • 3.第一印象の重要性
  • おもてなしは対人技能。真のおもてなしを習得する。
  • 接遇は相手を思いやったコミュニケーションであることを理解する。
4.非言語コミュニケーション 信頼される身だしなみ、想いが伝わる表情や態度を確認する。
5.言語コミュニケーション
  • 言葉の遣い方で相手の気持ちが変わる。
  • 人を動かす言葉遣いの再確認
  • お断りの仕方
6.営業マナーの確認 (実習を通して確認)
  • 営業の際の訪問、打合せ、お客さまをお迎えする際のマナー再確認
  • 効果的名刺交換、接待
7.社交マナー 部下に聞かれても応えられる冠婚葬祭マナーを確認する。
  質疑応答



 

チラシ(申込用紙)PDF形式(PDF:284KB)PDFファイルを別画面で開きます

お問合わせ:TEL 0798-33-1257 /FAX:0798-33-3288
 西宮商工会議所 (担当:大西)