融資・労務相談毎月開催。ビジネス情報や起業支援まで幅広く
簿記、リテールマーケティング(販売士)検定や各種資格試験
打ち合わせや展示会まで様々な用途に利用できる大小会議室
西宮商工会議所への行き方をご案内いたします。
セミナ-・イベント 検定や各種資格試験
貸会議室 アクセス

新西宮商工会館 建設協力金のお願い

 新西宮商工会館の建設につきましては、令和3年3月より旧館の解体工事に着手し、8月に解体が完了し、引き続き新会館の建築工事に着手いたしました。本格的に新会館の建築が始まりましたことに伴い、資金計画で計上しております建設協力金につき、8月20日開催の「第7回新西宮商工会館建設推進特別委員会」において協議し、会員の皆さまに建設協力金をお願いすることに決定しました。先般開催の「第639回常議員会」で報告し、建設協力金の募集を開始することといたしました。
 会員の皆様には、新型コロナウイルス感染症により経済状況が厳しい中ではございますが、下記の新会館建設の趣旨をご理解いただき、建設協力金の募集にご協力いただきますようよろしくお願い申し上げます。

建設協力金趣意書

 西宮商工会議所は昭和17年の設立以来、地域における唯一の総合経済団体として商工業の発展と地域経済の振興に全力で取り組みながら今日に至っております。

 会議所の活動の拠点となる商工会館は、本館が昭和41年に建築してから55年が経過し、耐震性や老朽化の問題が顕在化しておりました。また、会議所機能が阪神・淡路大震災後に建築した別館に分散したため非効率な状態が続いております。こうしたことから新商工会館建設の機運が高まり、多くの皆様から賛同をいただき令和元年に建設が決定しました。

 新商工会館は、安全・安心であることをモットーに、コンパクトで機能的であることを基本コンセプトにしております。新たな機能として起業家支援センター、地域交流センターを整備するとともに、来所者の利便性を高めるため駐車スペースを拡張いたします。

 現在、新商工会館の建設に総力を挙げて取り組んでおり、来年3月に完成する見込みであります。建設には多額の資金を必要とし、このため兵庫県、西宮市にも建設補助をお願いしておりますが、会員の皆様にも広くご協力をいただきたいと考えているところでございます。

 会員の皆様におかれましては、新会館の建設にご理解を賜り、コロナ禍で厳しい社会経済状況が続く中、誠に恐縮に存じますが、建設の趣旨をご賢察のうえ、新西宮商工会館建設協力金の拠出につきまして、格別のご高配を賜りますようお願い申し上げます。

 令和3年9月吉日

西宮商工会議所 会頭 辰馬 章夫

募集方法

申込みの流れ

  •  ①申込書申込書PDFファイルにご記入の上、FAX(0798-33-3288)にてお送りいただくか、申込フォームにてお申し込みください。
  •   申込フォーム
  •  ②当所より振込用紙を郵送いたします。
  •  ③振込用紙にて振込をお願いいたします。
  •  *振込用紙以外(ネットバンキング等)でのお振込みは下記口座へお願いします。
      ☆振込先
       三井住友銀行 西宮支店 普通預金 口座番号 8899861
       口座名義  西宮商工会議所 建設負担金 (特別会費) 会頭 辰馬章夫
       口座名義(カナ)ニシノミヤショウコウカイギショ ケンセツフタンキン トクベツカイヒ カイトウ タツウマ アキオ
     ※振込手数料は弊所負担いたしますので、差し引いてお振込み下さい。

税制上の取扱い

 新商工会館の建設協力金については、会員事業所が協力する「会館建設負担金」(特別会費) として法人税法が規定する「公共的施設の負担金」にあたるため「自己が便益を受ける共同的施設の設置又は改良のために支出する費用」に該当し、繰延資産となります。

  •  *負担金総額が200千円未満の場合は、支払い年度において全額損金算入
  •  *負担金総額が200千円以上の場合は、原則10年間の均等償却
  •  ※詳細につきましては、顧問税理士、税務署にご相談ください。

新西宮商工会館の概要

建設計画概要

所在地  兵庫県西宮市櫨塚町2-20
敷地面積  1,619.30㎡
建設面積  560.93㎡
述床面積  1,948.75㎡
構造・階数  新西宮商工会館…鉄骨造、地上4階
 地下倉庫煉…鉄筋コンクリート一部鉄骨造、地下1階・地上1階
【各階主な施設紹介】
1F
地域交流センター
地域活動を支援する施設。講演会やセミナー、地域マルシェなどの催事等の実施を予定しています。
展示資料室
会員企業の商品の展示をはじめ、芸術・文化の作品展示の利用も想定しています。
2F
特別会議室
常議員や委員会、部会などの活動の場として活用するほか、会議やセミナーの開催も予定しています
会議所事務局
会議所の業務を遂行するとともに、会員企業の経営支援を行います。
3F
起業家支援センター
起業をめざす人をサポートする施設、経営指導員など専門家の助言を受けることができます。また、会議やセミナー、コワーキング、情報発信、テレワークの場として利用が可能です。
パソコン教室ほか
事業所の社員および市民向けのパソコン教室ほか、テナントが入居します。
4F
西宮納税協会事務室ほか
西宮納税協会の事務室、また技術士会や専門家団体が使用する共同相談室ほか、テナントが入ります。

新商工会館の特徴

災害に強く、未来につながる会館をめざして
 新商工会館の建設の基本コンセプトは、「想定される自然災害に対する備えを有するとともに、市内商工業者が集い交流すること、地域の人々との交流を 推進すること、一層の産学連携を図ること」です。
 また、多くの会員や来訪者が利用する日常的な活動・交流の場であるため、自然災害に対応し、来館者が安全・安心して快適に利用できる会館をめざし、省エネ、地球温暖化等に配慮した管理運営に努めます。
産学連携における大学生のアイデアを採用
 新西宮商工会館では、当会議所と包括連携協定を締結している大手前大学、武庫川女子大学の建築を学んでいる大学生の皆さんからデザイン案を募り、外装ルーバー、展示室の展示棚、また新会館に旧会館のデザインを一部取り入れる案などのアイデアを新商工会館の建設に採用しています。
車で来館される方の利便性を向上
 建物面積をコンパクトにすることで、駐車・駐輪スペースを旧商工会館よりも広く設けました。駐車スペースは、全面平面として31台分を確保し、来館者の利便性向上を図っています。

今後の日程

  •   令和3年 9月下旬 建設協力金募集開始
  •       12月上旬 建設協力金状況報告
  •   令和4年 2月末  竣工予定
  •       3月   完了検査
  •       4月   事務所移転

 ◆ 趣意書 PDFファイルを別画面で開きます(PDF:1.55MB) 

 ◆ 新商工会館のパンフレット PDFファイルを別画面で開きます(PDF:2.48MB) 

 ◆ 申込書 PDFファイルを別画面で開きます(PDF:356.2KB) 

 ◆ 税法上の取扱 PDFファイルを別画面で開きます(PDF:427.7KB) 

メールでのお申込みは、こちら
問合せ先  総務課 0798-33-1256


TOP