「クリエイターズリスト」の思い

デザインの力、活用できていますか

どんなに優れた商品でも、どんなに熱い思いを込めたサービスでも、伝わらなければ始まりません。

目に留めてもらう。手にしてもらう。気に入ってもらう。そのために必要なことは、訴求力。それは、ただ商品名を連呼したり性能を並べ立てることではありません。いかにお客様の心に響かせるか。

素材にこだわるように、性能に気を配るように、同じぐらいの比重で、「見せ方」にも力を注いでいますか。
会社案内のパンフレットやホームページから商品のカタログ、パッケージ、店頭でのディスプレイ、そして商品企画開発まで……
大切な「見せ場」はたくさんあります。そこで手を抜かないこと
それがビジネスを大きく左右します。

西宮商工会議所では、様々な業種の会員事業所様がデザインの力を活用して画期的な商品を開発したり、販売促進の効果を引き出せるよう、クリエイターのネットワークを作り、事業所様とのマッチングを行ってまいります。

デザインとは、応援すること

人を惹きつけ、心を動かすデザインの力
同じ内容でも、デザインを変えると伝わるものが変わってきます。

色づかい、文字の大きさ、図案の配置など細部への心くばりと、
全体を俯瞰する統一感のあるテーマ……
きちんとデザインされた商品や販促物は、そうでないものに比べ
圧倒的に強い印象を残します。

デザインの役割とは、売り手の思いを分かりやすく世間に伝えることです。主役はつねに売り手であり、その商品で成し遂げたい思いを応援する行為こそが「デザイン」なのです。

クリエイターとは、頼れるビジネスパートナー

クリエイター=クリエイトする人。クリエイト(create)は創造。しかしながら、ゼロから勝手に作品を作る人ではありません。

クリエイターとひと口に言っても様々な職業がありますが、あくまでも「主役は売り手」という軸は同じです。その商品やサービスで何を訴求したいのか、どんな思いが込められているのか、目標は何かなどをお聞きしたうえで制作を進めます。

もちろん、専門家としてのアドバイスや、時には反論もしますが、それはより良い成果を求めるために。クライアントと共に目標を達成するために寄り添う頼りになるビジネスパートナーです。決して気難しい芸術家ではありませんので、どうぞ気軽に声をかけてください。