西宮商工会議所ロゴ
メイン画像

廣岡屋商事株式会社

建設業

金物屋から旗ポールを基軸とした新事業展開へ

旗ポール建て隊の作業風景

「ジラフポール」の組立作業風景

時代の流れを見極めながら、挑戦し続ける

4代続く金物屋を営むなかで、時流の変化に即した次なる展開を模索していたとき、4平前の代がわりを機に、新たな事業をスタートさせました。それが、「旗ポール建て隊」です。また、今秋からは旗ポールのレンタルもはじめます。これらの挑戦が、創業100年を見据えた突破口になると期待が膨らみます。

愛着のあるネーミングで事業拡大へ

旗ポール業界のシェア85%を占めるサンポール製を中心に扱い、旗ポールの設置、修理、メンテナンスなど行うのが「旗ポール建て隊」の事業です。全国の公庁舎やスポーツ競技場、教育関係機関、ホテルや一般企業などに設置。今後は、定期メンテナンスサービスも展開してく予定。長年、金物屋として培ってきた確かな技術力と、メーカーのブランドカで、ますますのシェア拡大を目指します。

レンタルポール「GIRAFFE (ジラフ)」のイメージ

レンタル旗ポール「GIRAFFE Pole(ジラフポール)」のイメージCGイラスト

業界初。旗ポールのレンタル事業
「GIRAFFE Pole(ジラフポール)」

旗ポールは、役目を終えるとコンクリートの土台も含めて回収し、その後砕いて処分していました。しかしながら、リサイクル社会である現代には即さない…。有効活用を模索していたなかで見出したのが、レンタルサービスです。足元を組み立て式にすることで、旗ポールの貸し出しが可能になりました。旗ポールの使用頻度や目的に応じて、設置型かレンタルかと選択の幅が広がります。

組み立て式の足場の一例。設置式と同じように、強度は十分しつかりしている

組み立て式の足場の一例。設置式と同じように、強度は十分しつかりしている

POINT

設置から回収まで込みの費用なので割安

コンパクトな土台なので人件費を抑えられる

その都度廃棄処分しないのでエコ

スローガンは「あなたのプライド守ります」

ポールにはさまざまなタイプがあります。ロープで旗を昇降させるロープ型(写真左)は学校や官庁など広く一般的に利用されているタイプです。ロープではなくワイヤーを使用するハンドル型(写真中、同右)は、昇降時にワイヤーが見えないので、旗をきれいに見せることができます。ホテルや博物館などで使用されることが多いタイプです。旗に愛着を持っているお客さまも多く、顧客の想いに寄り添いながら、旗ポールの設置、提案を心がけています。

会社概要

昭和7年創業。ノコギリの修理で事業を開始した、時代の流れとともに、金物類の卸売り販売、工事現場での設置工事なども手掛けるようになる。4年前より旗ポール工事事業「旗ポール建て隊」を立ち上げ、新機軸となる。今後、レンタルポール事業、定期メンテナンスサーピスもあわせて、ますますの顧客満足度の高いポール事業を拡大していく。

廣岡屋商事株式会社 代表取締役社長 橘伸 治氏 氏

新しい事業を成り立たせるには、10年はかかると言われています。
4年前に社長に就任して事業を一新させてきました。
今後、さらに6年かけて、これらの事業が花咲くよう、まい進していきたいと思っています。
曾祖父から代々受け継いだ事業を、自分の時代を通して達成させ、
そして次世代へとつないでゆきたいと思います。

廣岡屋商事株式会社
代表取締役社長 橘 伸治 氏

住所 兵庫県西宮市戸田町3-29 西宮スカイビル4階
電話番号 0798-33-0303
ホームページ https://hirookaya.com/

TOP