セミナーイベント

中左

検定

中右

貸会議室のご案内

会館へのアクセス

井阪運輸株式会社

井阪運輸株式会社

国土交通省近畿運輸局が、交通分野における環境保全に著しく貢献のあった事業所他に対して表彰を行う「環境保全優良事業者等局長表彰」において、同社の取り組みである「清酒、食品の共同輸配送の実施」「全車へのデジタルタコグラフの搭載」「都市部の配送にハイブリッド車配置等低公害車導入への積極的な取り組み」が評価され、10月31日表彰式が行われた。


井阪運輸株式会社
同社は創業120年の歴史を持ち、創業以来西宮郷の酒米や清酒を運び続けてきた。
80年代に入り清酒販売が多品種少量化していく中、当時清酒メーカー間で開催されていた物流研究会へ効率的な物流システムとして「共同輸配送」を提案し、82年から実施に至った。
早い段階で独自のコンピュータシステムをIBMと共同で開発・導入し、あらゆる受注体系に対応している。
現在では灘・西宮・伏見の清酒メーカー9社が参加しており、関西・関東の洋菓子メーカー16社の共同配送も行っている。


井阪運輸株式会社
また、安全性と経済性の向上を目的としてデジタルタコグラフを西宮市内では初めて全車に搭載。
運転中のあらゆるデータが数値で表れ、管理されることを快く思わない運転手からは当初反発もあったが、根気強く説明し、評価体系も明確にすることで意識改革を促した。

今では運転手間で技術向上のための指導が行われるなど、運転手の安全・省燃費への意識も高いレベルで保たれており、ひいては環境への貢献につながっている。


そして排ガス抑制の観点から都市部においてハイブリッド車等の低公害車両の導入を積極的に行う他、Gマーク(安全性優良事業所)・グリーン経営認証(環境保全推進体制確立)・プライバシーマーク認証制度(個人情報保護体制確立)も取得するなど、ロゴマークの”Innovative ISAKA”にもあるように「革新的な心」を失わず、「常に何か先に行くことを考える」企業でありたいと岡田社長は語る。

同社の取り組みである「清酒、食品の共同輸配送の実施」「全車へのデジタルタコグラフの搭載」「都市部の配送にハイブリッド車配置等低公害車導入への積極的な取り組み」が評価され、「環境保全優良事業者等局長表彰」が10月31日に行われた。
この表彰は、国土交通省近畿運輸局が、交通分野における環境保全に著しく貢献のあった事業所等を顕彰する制度である。


会社概要
井阪運輸株式会社
本社:西宮市津門大箇町4番22号
TEL:0798-33-0119  http://www.e-isaka.co.jp/