セミナーイベント

中左

検定

中右

貸会議室のご案内

会館へのアクセス

大喜建設株式会社


経営革新計画のテーマ
スマイルコート広田  大喜建設株式会社 高齢者専用賃貸住宅の建設および運営、介護事業への進出

新規事業として高齢者用賃貸住宅を建設し運営する。当事業の収益性を高めることにより、経営革新を図り安定的基盤を築く。今後さらに
高齢者用賃貸住宅の建設にあたって、保健・医療・福祉と連携した日常生活支援や在宅介護サービスを提供していく。
企業理念である「喜び創造企業」の一環として、暮らしに安心をもたらす地域社会づくりに貢献する。

広田神社の参道沿い、鳥居のすぐ近くに位置する大喜建設。社屋の敷地内に建つのが、高齢者用賃貸住宅が「スマイルコート広田」である。下水道などの土木工事で、長い歴史と確かな評価を得ている大喜建設株式会社が次の時代を支える新事業として、高齢者用賃貸住宅の建設とその運営にチャレンジしている。


建設会社の得意分野――建物と賃貸経営に経験とノウハウの全力を注ぎ込む

スタッフと明るく言葉を交わす諸富社長
スタッフと明るく言葉を交わす諸富社長。介護、医療、給食など、それぞれ専門の会社が担う

高齢者用の施設には大きく4つの側面がある。介護・医療・給食、そして、住宅そのものを提供し運営を担う事業である。多くの施設はこれらを一括で請け負って、事業主体となる企業が運営している。
大喜建設は、これら4つを独自のオペレーションとして、ビジネスモデルを組み立てた。大喜建設が受け持つのは、4つめの賃貸住宅の建設、いわば”ハコもの”の部分である。この部分なら建設会社のメリットを充分に活かせる。必要なものは何か、無駄なものは何かが、建設会社の視点で判断できる。建材の仕入れから人件費まで、原価レベルで計算できる。いわば最低限の費用で”ハコもの”を準備できるのである。
介護・医療・給食といった他の3つのオペレーションは、それぞれ専門の会社に独立採算制でまかせている。通常の事業モデルでは、これらはアウトソーシングしており、事業主体がリスクを負って運営しているが、「スマイルコート広田」の場合、大喜建設が担うのはあくまでも”ハコ”の提供と賃貸住宅の運営。豊富な経験があり、収益モデルの構築にもノウハウがある得意分野である。

一般の人の年金でまかなえる月々の費用におさえる低価格を実現

コンパクトにまとまった居室コンパクトにまとまった居室
明るい雰囲気の憩いスペース
明るい雰囲気の憩いスペース

「スマイルコート広田」の特長は、まず、低価格を実現していること。家賃5.4万円、共益費2.3万円、食事代が1ヵ月4.2万円。これに介護サービスをプラスして、平均、月に13~14万円程度。一般的な年金の範囲内でまかなえる金額に抑えている。
一般の高齢者専用賃貸住宅では20万円を超えるところが多いが、価格を低く抑えるために、施設のあり方にも工夫をこらした。介護施設は100人、200人を収容する規模のところが多いが、「スマイルコート広田」は40室以内に抑えている。満室になるまでの期間が短く収支のバランスがとれるのが速い。部屋の広さも含め、必要なところと必要ではないところを見きわめることで、建築法上の規制に合わせた500平米以下に抑えられている。

ああ、あそこも大喜建設か」、きっと近くで思い当たるところがある施工実績

新しい事業により会社の経営基盤がより強くなることで西宮に貢献できれば」と語る社長の諸富真一さん
新しい事業により会社の経営基盤がより強くなることで西宮に貢献できれば」と語る社長の諸富真一さん

昭和42年の創業以来、京阪神地区の土木工事を中心に、建設工事、リフォーム工事などで確かな実績を築いてきた大喜建設。とりわけ高く評価されているのが、DEMC工法と呼ばれる、低騒音・低振動、コストダウン、安全性向上を図ることができる独自の立坑築造工法である。

高い技術や実績はさまざまな賞も得ている。国土交通省の「工事成績優秀企業認定」、通称”ゴールドカード”をはじめ、兵庫県さわやかな県土づくり賞、西宮市優良事業所顕彰など、立て続けに受賞している。

このような確かな経営基盤がある中、なぜ大喜建設は経営革新計画の対象である高齢者用賃貸住宅を建て、介護事業への進出を図ったのか。ベースにあるのは、社是である『社会への貢献』である。社名に「喜」の字があるように、大喜建設は「社会の喜び、お客様の喜び、私たちの喜び――喜び創造企業」を基本方針としている。広田神社の門前に本社を構えて40年以上。地域に貢献できる事業として選んだのが、高齢者用賃貸住宅なのである。
「スマイルコート広田」は、駐車場と倉庫に使っていた用地を利用してのテストマーケティングと位置づけている。出だしは好調で、満室が続いている。2012年には、尼崎に2棟の同種の高齢者用賃貸住宅のオープンを予定している。

【会社概要】

大喜建設株式会社 大喜建設株式会社
代表者 代表取締役 諸富真一
本社 兵庫県西宮市柳本町1番23号
電話 0798-72-8340(代表)
ホームページ http://www.daikikensetsu.co.jp/