セミナーイベント

中左

検定

中右

貸会議室のご案内

会館へのアクセス

有限会社ドイツ菓子カーベ・カイザー

イツ菓子の基本は素材の厳選と


経営革新計画のテーマ
六甲山採取の蜂蜜を使った、独創的なドイツ菓子の開発・販売

厳選された小麦粉、バター、乳製品、砂糖、卵などの基本的な原材料によりドイツ菓子の骨格を造ることにこだわる。そして、六甲山で採取された上質な花粉を多く含んだ安全安心な蜂蜜を養蜂業者から供給を受け、独創的な新商品として「ムッティ」「シフォンロール」「チョコレート菓子 六甲」を開発した。


オーナーシェフの大隅さんは、ドイツで修業。日本ではドイツ菓子の先駆的なシェフとして、長い経験を積んでいる。店もドイツ菓子の老舗として広く知られる存在である。
質実剛健のドイツ人の気風の通り、ドイツのお菓子は徹底的に素材にこだわるのが特長。そのこだわりが次々とお客様に支持される新製品を生んでいる。
今回、経営革新計画の対象となったのは、六甲山で採取された蜂蜜を使ったドイツ菓子類である。

西宮市の蜂蜜業者「六甲みつばち王国」の蜂蜜を使った新製品は、次の通り。

はちみつクリームたっぷりのケーキ「ムッティ」はちみつクリームたっぷりのケーキ「ムッティ」
  • 子どもを思い、食の安全に関心の高いお母さんに支持される「笑顔のお菓子 ムッティ」。ムッティとはドイツ語で「おかあちゃん」といった感じの意味。
    蜂蜜をカスタードクリームに使用している。
  • 生地とクリームだけでつくるロールケーキ「ふわふわシフォンロール」は、蜂蜜と丹波の卵、北陸産の小麦粉の生地にカスタードクリームとピュアーフレッシュクリームがたっぷり。ドイツメソッドの技が光るシンプルなロールケーキである。
  • 「チョコレート菓子 六甲」
    蜂蜜の自然な風味と上質な甘味がチョコレートとよく合い、安定した品質である。表面に六甲のミツバチが運んだ花粉が飾られている。

今、国内で使われている蜂蜜は輸入品がほとんどである。しかし六甲みつばち王国の蜂蜜には、「添加物一切なし」の1行のみ。ひと口で違いが実感できる。健康維持に必要なミネラル・ビタミン(カリウム・カルシウム・鉄・銅・マンガン・ナトリウム・マグネシウム・ビタミンB1・ビタミンB2・、ビタミンB6・葉酸等)がバランスよく含まれていて、身体に吸収されやすい。ケーキに使用すると、すっきりとしたクリームの食感があり、後味の良い甘さがある。

蜂蜜だけではない。たとえばムッティには、丹波の卵、氷上の牛乳、赤穂の塩・・・と兵庫県産がズラリ。徹底的に素材のクオリティと地産池消を追求している新製品である。

オーナーシェフの想いが、そのままお菓子になった、お店になった、お客様の支持をいただいた

原材料の説明が店内のいたるところに原材料の説明が店内のいたるところに

頑固なまでに素材を追求する姿勢は、店のいたるところに見られる。
プライスカード兼POPには、それぞれの商品の説明、原材料のことなどが詳しく書かれている。まさに大隅さんの想いを凝縮して
詰め込んだという感じである。
ホームページもぜひのぞいて欲しい。くわしく個々の商品の特長、材料などが紹介されている。

カーベカイザーを評価してくれるお客様が全国各地にどんどん販路を広げたい
自社サイトでのネット販売も育ってきている。個人のギフト需要のほか、企業から取引先に送るカンパニーギフトとして活用されている。
さらに、最近では、常設ではないが市内の百貨店にも出店した。この時はショウケースの半分に、使用している原材料などを展示。
カーベ・カイザーを評価していただけるお客様と、百貨店の客層が一致していると思い、出店に踏み切った。

店舗のある甲子園四番町かいわいは閑静な住宅地。食の安全や地産地消などに関心があり、理解するお客様も多い

食の安全や地産地消などに関心があり、支持されるお客様がおられるところが、今の店舗のロケーションだと大隅さんは言う。甲子園は阪神間で最も早くから開けた住宅地であり、とくに、甲子園三~五番町は高級住宅地として知られている。カーベ・カイザーの考え方がしっくりとなじむところである。
上品な老婦人が「こんにちは」とお茶を飲みに来られ、ゆっくりとした昼下がりの時間を静かに楽しんでおられるようだ。
「毎日の日課のようにされて、いらしてくださるんですよ。」と大隅さん。

周囲に溶け込む落ち着いた外観

店づくりも、周辺の環境に溶け込むように配慮されている。
今の店を建てる時に設計家には「店舗を建てるという意識で設計しないで欲しい。看板とか、”光・音”といった周囲に存在を示すものは避けて欲しい。前を通ると、何となくいい香りがして、それで始めて『ああ、お菓子屋さんがあるんだな』とわかる・・・。」と要望したという。

西宮は洋菓子、パンなどの激戦地である。そんな中で、素材を最重要視し、それに”地産地消”をミックスし、商品づくり、店づくり、販路開拓・・・、すべてにおいて頑固に守る原則と、どんどんトライする新しい試みを両輪に”経営革新”に取り組んでいる。

【会社概要】

有限会社 ドイツ菓子 カーベ・カイザー
代表者 代表取締役 大隅 稔雄
本社 兵庫県西宮市甲子園四番町1-31
電話 0798-47-2466
ホームページ http://www.k-b-kaiser.co.jp/