セミナーイベント

中左

検定

中右

貸会議室のご案内

会館へのアクセス

季節の詩

セミオーダー屋内設置小型水琴窟の開発と販売。庭のソムリエが提案するインテリア商品一滴一音の響を楽しむ水琴窟


経営革新計画のテーマ
季節の詩 セミオーダー屋内設置小型水琴窟の開発と販売 セミオーダー屋内設置小型水琴窟の開発と販売

従来の屋外埋設型水琴窟を装飾面でセミオーダーも可能な屋内設置型にすることを考案。庭がなくても設置場所・利用場所を拡大することに挑戦する。日本伝統の庭園文化を継承し、多忙に生きる現代人の癒しとなり明日への活力へつなげる商品を提供していく。

本格的な日本庭園からイングリッシュガーデン、キッチンガーデンまで、たくさんの庭を手掛けてきた、「季節の詩」代表の石坂拓司さん。庭師30年の経験と、山野草や蘭、ハーブ、サボテンまで、幅広い植物の知識で、庭のことならなんでも相談にのれる、まさに”庭のソムリエ”である。
そんな石坂さんが経営革新で取り組んだのが、庭のない人でも楽しめる画期的なインテリア商品である。

日本伝統の庭園文化が生み出した技術、水琴窟をもっと広めたい。手軽に楽しんでほしい

季節の詩 水琴窟施工事例

季節の詩 水琴窟施工事例

地中に埋められた甕(かめ)の中に落ちた水滴の音が反響して、一滴一滴違った音となり、心を癒すやさしい音色を奏でる水琴窟。つくばいの排水を流すことにも遊び心を求めた「江戸の粋」が感じられる日本庭園の装飾の一つである。
石坂さんは、修業を積んだ先が、お寺や料亭の庭など、茶庭中心であったことから、水琴窟もたくさん手掛けてきた。そこで習得した技と、喜んでいただけるという自信が、水琴窟をもっと広めたいという石坂さんの情熱の源となっている。

「心のやすらぎ」や「癒し」を求めて、水琴窟を自宅にも設置してほしいという声が石坂さんに寄せられており、施工事例も増えている。しかし、当然のことながら、それは庭のある人だけである。

庭がなくても楽しめる卓上型水琴窟。飲食店などには、内装に合わせてセミオーダーも

庭がなくても楽しめる卓上型水琴窟。飲食店などには、内装に合わせてセミオーダーも

庭がなくても楽しめる卓上型水琴窟。飲食店などには、内装に合わせてセミオーダーもできる。図は、リビング等の飾り棚になつめ型(ブラック)を設置した例

「庭のないお宅やビルの一室の店や病院などでも、水琴窟の音を楽しんでいただきたいんです。また、お寺や料亭などで聞いたことがない人、水琴窟を知らない人たちにも、もっと知ってほしい」という石坂さんが考えついたのが、屋内設置型の小型水琴窟
水滴の音を共鳴させる甕(かめ)や土管に装飾を施してオブジェとして飾ることができる。黒や茶、白など、インテリアの色調に合わせることができ、素材も焼き物だけでなく木や煉瓦タイルで覆うなど、自在に工夫することができる
和に限らず、落ち着いた雰囲気のビストロや、静かに時間が過ごせるバー、リラクゼーションのサロンなどにもぴったりである。


自分が流した水が美しい音を奏でる。機械にはできない「生音」にこだわる

庭のこと、植物のことを語り出したら止まらない庭のソムリエ、石坂さん。「袢纏(はんてん)姿が落ち着くんです」と笑う粋な職人である。

庭のこと、植物のことを語り出したら止まらない庭のソムリエ、石坂さん。「袢纏(はんてん)姿が落ち着くんです」と笑う粋な職人である。

類似の水琴窟がすでに市販されているが、それらは電源が必要である。音を作り出しているため、連続音であり、水琴窟ならではの一滴一音の響がない。自分が水をかけることによって音が生み出され自分に返ってくる、音の妙味や深みにこだわる石坂さん。「連続音は単なるBGM。水琴窟とは別物なんです。生音を活かしつつ小型化することを考えました」

屋内設置小型水琴窟は、標準型と、卓上型の二つのタイプで展開する。
外観を自在に装飾できる標準型の主な販路は、飲食店や病院・クリニック、老人介護施設などを考えている。「そのような場所でも十分聞こえます。設置場所も自由です。たとえばベンチの下で音がしたら驚かれて、話題にもなりますね。そこを利用される人たちにも知ってもらえます。」

西宮商工会議所の産業ビジネスフェアにも出展。

西宮商工会議所の産業ビジネスフェアにも出展。

卓上型は10万円を切る価格で、一般家庭でも求めやすくなっている。サイズも50cm四方でオブジェのように飾っておける。

商品化していくためには、安全面や衛生面など、まだまだこれから詰めていかないといけないことがたくさんある。大変な道のりではあるが、「いろいろ考えるのが楽しくて仕方ないんですよ。工業デザイナーさんはじめ、いろんな方と連携しながらやっていくのも楽しみ。わくわくしています」と前向きである。

「水琴窟の音は心の中の小宇宙」という石坂さん。先を見据えるその瞳の奥にも無限の小宇宙が広がっている。


【会社概要】

季節の詩
代表者 石坂 拓司

一級造園技能士、一級造園施工管理技士

本部 兵庫県 西宮市苦楽園二番町8-22
電話 0798-70-2680
FAX 0798-70-2680
ホームページ http://www.kisetsunouta.jp