セミナーイベント

中左

検定

中右

貸会議室のご案内

会館へのアクセス

ミドリライフサービス株式会社

介護されない人を増やす暮らしの提案。逆転発想の源は訪問介護の現場から


経営革新計画のテーマ
ミドリライフサービス株式会社 介護されない人を増やす暮らしの提案。逆転発想の源は訪問介護の現場から 会員制によるシルバーのためのコミュニティ事業

介護を必要としない高齢者に対して、介護予防のための機能訓練・マッサージ・ペットの散歩・押入れの清掃等のサービスを提供するとともに、観光やピクニック、ティーパーティ等を通じ、定期的な交流の機会を提供する。会員制度によりネットワーク化し、個々のニーズに合ったサービスを安価で提供することにより、心身共に豊かな生活を営む手助けをする。

「これからは、介護されなくてすむ人を増やすことが大切なんですよ」
訪問介護事業を営むミドリライフサービス株式会社、社長の入江満昭さんは開口一番こう言った。訪問介護事業者にとっては介護を必要とする人は言わば「お客さま」。その人たちを減らすことに取り組むというのである。まさに発想の転換による経営革新計画。その思いを伺った。

支援や介護を必要としない暮らし。介護予防でいつまでも自分らしく、いきいきと

ミドリライフサービス株式会社 代表取締役 入江満昭さん

高齢者がどんどん増えていくこれからの社会では、介護保険料の負担は増える一方。国の財政も、納付する国民にとっても大きな問題である。介護が必要な人、介護が必要な期間を減らすことで、負担を減らすことができる。「介護予防」というキーワードで国や自治体も取り組みはじめているが、まだまだ現場のニーズを満たしていない。

「実際に現場を見て、ぶち当たって考えないと」と語る入江さん。長年の介護事業での現場感覚に加え、ご自身も70歳という年齢ながら矍鑠(かくしゃく)としておられ、介護を必要としない高齢者の気持ちやニーズがよくわかるのが強みである。

2012年4月に介護保険制度が改定され、介護保険適用サービスの運営環境が変化。介護職員の負担が増えていく中、ミドリライフサービスでも介護保険適用外のサービスで安定的な運営ができる新しい事業展開を模索していた。そこで入江さんが注目したのが「健常な高齢者」。

独居のみならず、家族と同居していても、日中は自宅内で一人だったり、家族といても話が合わないなど、孤独を感じている高齢者は多い。「社会的な孤立」状態に陥り、結果、アルツハイマー病などを原因とした認知症につながる可能性が高まるという研究結果もある。孤独を感じている高齢者にコミュニティの場を提供することを事業にできないか。さらに、その場で、既存事業のノウハウを活かして機能訓練やマッサージを行えば、介護予防にもつながる。新展開のスキームが見えてきた。
大きな設備投資をせずに、付加価値を増やせるサービスとして考えたのが、「会員制度」である。介護を必要としない高齢者へのサービスの提供自体は特別なことではないが、会員制にしてコミュニティをつくり、そこでサービスを提供するというのは、管内ではミドリライフサービスが初めてである。

介護保険ではカバーできないこまやかなサービスを 会員制のコミュニティで実現

会員自宅でのティーパーティや個室レストランでの食事会などの機会も提供

訪問介護の「ついで」ではなく、保険外サービスを独立させて本格的に提供する点にも新規性がある。阪神間という豊かな土地柄に加え、健常な高齢者は医療関連の出費も少ないことから、質の良いサービスであれば「自費でもいいから受けたい」という人も多い。中でも要望が多いのがマッサージ。介護予防効果も高いマッサージをサービスの軸にして、従来より依頼の多かったネイルアートや美顔、洗車、清掃、ペットの散歩などをメニュー化し、マッサージ師が施術している間に、同行した運転手が掃除や洗車などのサービスを行う。

専門性を要するマッサージは、専門学校及び医療系の大学と提携。理学療法士、作業療法士の資格を持つ学生のインターンシップとして実践の場にするとともに雇用にもつなげていく予定である。

会員自宅内での気楽なティーパーティや会員同士での外出の機会も提供

会員自宅内での気楽なティーパーティ

会員制の新事業のもう一つの特長であるコミュニティ形成支援としては、会員5~6名が集まって会員自宅内で気軽に開くティーパーティや、個室のあるレストランでの食事会、近場への観光やピクニックなどがある。リラックスした雰囲気で会員のストレスをやわらげ、精神面からも介護予防につなげていく。

マッサージ(30分)×4回+家事支援+コミュニティ活動を1か月のセットとして月額15,000円で提供。利用しやすい価格帯におさえ、明確な料金設定で満足度の高い内容となっている。

取材中に何度も「有言実行」という言葉が飛び出した。「自分がやってこそ人に言える」と、60歳過ぎてから福祉大学に通い資格もとった入江社長は、「言ったからにはやりますよ」と新事業に意欲満々である。経営革新事業部という新部署も立ち上げ、デスクも用意した。あとは、社長の熱い思いに応えて事業を推進してくれる人材の登場が待ち望まれる。


【会社概要】

ミドリライフサービス株式会社
代表者 代表取締役 入江 満昭
本社 兵庫県西宮市津門稲荷町5-13 サンシャイン西宮2階
フリーダイヤル フリーダイヤル 老後はミドリ
電話 0798-38-5778
FAX 0798-38-5668
ホームページ http://www.midorilifeservice.com/