セミナーイベント

中左

検定

中右

貸会議室のご案内

会館へのアクセス

有限会社 成田家

和菓子の老舗がチャレンジ。「夙川ブランド」を活かした新製品


経営革新計画のテーマ
桜あんを使ったもなか「夙川舞桜」 新商品「夙川櫻蜜」の販売と新たな桜餡を使った「夙川舞桜」の開発・販売

夙川の桜から採取した蜂蜜を「夙川櫻蜜」として販売するとともに、櫻蜜を使用して新たな桜餡を作り、新商品の開発に着手する。
桜からの蜂蜜の採取、販売が軌道に乗ってきたら、夙川地域のレストランなどで使用して、他の地域との差別化を図り地域全体の活性化を図る。

「団十郎もなか」として昭和の初めから親しまれた三升もなかで有名な、阪急夙川駅南の和菓子の老舗「成田家」のもなかの新商品――桜餡(あん)を使った「夙川舞桜」が経営革新計画の承認を受けた。

老舗にとっての経営革新とは何か? 奥光男社長に話を伺った。

自店の庭に巣箱を設置して採った「夙川舞桜」。餡に練り込んで、もなか「夙川舞桜」が誕生

西宮市オリジナルの新種の桜「夙川舞桜」
西宮市オリジナルの新種の桜「夙川舞桜」 (写真提供:西宮流)

夙川沿いの桜は「日本の桜100選」にも選ばれた名所。また関西を代表する高級住宅地であり、オシャレな街としてブランド価値も高い。JRの「さくら夙川駅」もでき、まさに、夙川と言えば、桜である。
夙川の桜の中でも、山桜の一種である「夙川舞桜」は、西宮で生まれた新種の桜として公募で名付けられ、西宮市民に愛されている。
(「夙川舞桜」については
詳しくは、こちら)

夙川に面した庭に置かれた巣箱
夙川に面した庭に置かれた巣箱

成田家のすぐそばの羽衣橋のたもとにも咲いている夙川舞桜。この花にちなんだお菓子を作ろうというアイデアが、そもそもの始まり。
養蜂家と提携し、自店の庭に巣箱を置いて、オリジナルの蜜を採取することに成功した。
まろやかな甘さの桜の蜂蜜の味は大好評。まさに地産地消のこの蜂蜜を、成田家は「夙川櫻蜜」として販売するとともに、白餡(あん)に練り込んで桜の形のもなかの皮にはさんだ。西宮オリジナルの新種の和菓子「夙川舞桜」が誕生した。
ここでしかとれないレアな食材を使い、地域ブランドを活かして、話題性と高付加価値化をあわせ持った新製品である。

もなか「夙川舞桜」の開発が物語る経営革新のトライアングル

ていねいに炊き上げた餡(あん)を一つ一つ手でつめていく奥社長ていねいに炊き上げた餡(あん)を一つ一つ手でつめていく奥社長

本来は伝統の和菓子である「最中」。成田家は

①伝統の手作りへのこだわりを大切にしながら、
②”あっさり、ライト志向”のお菓子のトレンドを取入れ、
③タイミング重視のマーケティング発想で、

新製品のもなか「夙川舞桜」を誕生させた。
詳しく分析すると、①②③がトライアングルとなった新しい戦略商品である。

①は、昔ながらの製法で炊きあげ、餡(あん)をひとつひとつに手で詰める製法など、テマヒマを
惜しまない手づくりへのこだわりである。ちなみに1時間に
100個つくるのが精一杯という。これは企業の技術や
品質の競争力の核心
にあたる部分でもある。


②は「甘すぎてもダメ、でも甘いものが欲しいんですよね、
お客様は」という、社長の言葉に端的に表われている。
餡(あん)はざら目の砂糖(白ざら)だけで炊き、純度を高くし、
あっさり味で一貫して通している。ひと昔前の
“甘いほど上等”という感覚からはすっかり脱皮している。

③は、最近もてはやされる「地産地消」といえば大げさ
ではあるが、しっかり地元の素材をいかした商品である。
さらには、住みたい街ナンバー1に選ばれた(マクロミル:住んでみたい街ランキング2011 関西版)夙川とも、イメージを
合わせている。
また、夙川舞桜は桜の開花が近づいてきた3月から梅雨入りの6月頃までの「季節限定」。しっかりマーケティング手法を取入れている。もっとも、お客様からは「年中、売って欲しい」との要望もあり、検討中とか。


常に新しいことを考えていたい。でも基本は変えない
「従来は、もなかと羊羹だけだった」という品揃え。お菓子屋は「一代で、新しいことはひとつ」と言われていたほど伝統を大切にしていたとのこと。奥社長は、あくまでも基本は変えずに、餡(あん)の広がり、夙川舞桜で取入れたはちみつなど、味の幅を広げる素材の広がりを、もっと追求したいと考えている。

たとえば、どら焼き。これはちょっと甘いものが欲しいときなどに、お客様の心を動かすという。また、はちみつ以外に地元西宮のイチジクの入った餡を使ったどら焼きも人気だ。少し日持ちのする水羊羹も販売している。

和菓子の製造販売といった、伝統的な業態で、自前の技術のフィールドを逸脱せずに、新しい切り口でマーケットの動きをしっかりつかんでいく――成田家の経営革新は、足元にあったと言えそうだ。

【会社概要】

有限会社 成田家
代表者 奥 光男
本社 兵庫県西宮市羽衣町8-8
阪急(神戸線)夙川駅より徒歩1分
JR(神戸線)さくら夙川駅より徒歩5分
営業時間 9時~19時
定休日 月曜日
電話 0798-22-3189
ホームページ http://www.monaka-naritaya.jp/