会員申込み

WEB申し込みをいただくことで、来所の際のお手続きがスムーズになります。
下記の項目をご入力ください。


お名前
フリガナ
生年月日
西暦
メールアドレス
電話番号
※ハイフンなし
住所
※ハイフンなし
利用目的
開業時期 ※開業予定時期がございましたらご記入ください。※既に開業済みの場合は開業日をご記入ください。
事業所名
会員規約
必ずお読みください。

当規約は、西宮商工会議所(以下、「当会議所」という)が運営・管理する「にしのみや起業家支援センター」(以下、「当センター」という)において、当規約第3条に定める会員に対し、遵守する内容を定めたものである。
当センターの会員登録を行う者は、必ず当規約を確認のうえ同意し遵守する。

第1条 目的

当センターは、起業家を支援することで起業家の増加・育成を目的として、起業家が学び、交流する場を提供し、起業家の事業を軌道に乗せ、地域の産業活力の向上を目指す。

第2条 登録対象者

当センターを利用できる個人及び法人を会員と呼び、次の各号のいずれかに該当するものとする

(1)西宮市内で起業を予定しているもの
(2)西宮市内の事業者であるもの
(3)次のいずれかに該当する者でないこと

  1. 他の会員に対し、営業活動を行うことを目的としているもの
  2. 当センター内にて、不特定多数のものに対して、物販等の営業活動をおこなうもの
  3. 娯楽業・取り立て・集金業をおこなうもの
  4. 宗教・政治・文化等事業性が低い事業をおこなうもの
  5. 性風俗関連・非合法関連・賭博性・投機性の高いもの、マルチ商法的なもの
    反社会的な事業をおこなうもの
  6. その他、公序良俗に反する事業などをおこなうもの
  7. 暴力団または暴力団員に対して、資金等を供給し便宜を供与するなど暴力団の維持、運営に協力もしくは関与しているもの
第3条 会員

当規約における会員とは、前項に基づく利用対象者のうち、会員登録の申請に対し、当会議所が会員登録を承諾したものとする

第4条 会員登録申請

(1)当センターの会員登録申請の際、所定の登録申請書に次に掲げる必要書類を添えて、当会議所に提出しなければならない

  1. 氏名・住所を確認できるもの
  2. 事業を確認できるもの(すでに事業を始めている方)
  3. その他、当会議所が必要と認める書類

(2)当センターの会員登録に関する料金は、無料とする。

第5条 会員の許可

当会議所が、前条に定める登録申請書を受理した場合は、これを審査し会員登録の可否を決定し申請者に通知する

第6条 登録内容の変更

会員登録の許可を受けた者が、その登録内容を変更しようとするときは、変更申請書を当会議所に提出しなければならない

第7条 会員の退会

(1)会員が、退会を希望する場合は、当会議所が定める所定の退会申請書を提出しなければならない
(2)会員として、当センターの備品等を借用している場合は、退会申請書を提出する前に、返却しなければならない

第8条 会員の権利義務について

(1)会員は、当センターの施設利用について、所定の利用申請を行い、施設を利用することができる
(2)会員は、会員として有する権利を第三者に譲渡や貸与することはできない
(3)会員は、当センターが他の会員との共用スペースであることを認識し、協調性をもって自身の事業活動に取り組まなければならない
(4)会員は、当センターの施設利用の対価として、別途定める「にしのみや起業家支援センター サービス利用規約」に従い、会員が利用した料金を支払わなければならない
(5)会員は、次に掲げる各号に該当する場合、該当した時点をもって会員資格を失う。

  1. 会員が当規約等に基づき退会した場合
  2. 当会議所から除名処分を受けた場合
  3. 当該会員が死亡した場合
  4. 当センターが当サービス全部を終了する場合
第9条 会員の除名処分

(1)当会議所は、会員が、次に掲げる各号に該当する場合、会員を除名(会員登録の抹消)することができる。

  1. 利用料金その他当会議所に対する債務の支払いが、3ヵ月以上遅延した場合
  2. 当センターを不正な目的で使用した場合
  3. 登録申請書または変更申請書に内容に、虚偽があった場合
  4. 当規約等その他関連諸規則に違反した場合
  5. 3ヵ月以上、登録申請書及び変更申請書の連絡先に、連絡が取れない場合
  6. 他の会員または当センターの迷惑となる行為を行った場合
  7. 犯罪を起こした場合、またはその嫌疑を受けた場合
  8. 当センターを故意または重大な過失により毀損した場合
  9. 会員が暴力団等に該当すること、暴力団に支配されていること、または暴力団等との関係を有していることが判明した場合
  10. その他会員として不適格であると当会議所が判断した場合
第10条 サービスの利用

会員は、利用申込時に選択したサービス内容に応じて当センターを利用できる。

(1)当センター利用できるサービスの内容は、別途定める「にしのみや起業家支援センター サービス利用規約」に準ずる。
(2)当センター利用できる営業日・利用時間は、別途定める「にしのみや起業家支援センター サービス利用規約」に準ずる。
(3)当センター利用料金は、別途定める「にしのみや起業家支援センター サービス利用規約」に準ずる。
(4)その他、会員のサービス利用に関する事項は、別途定める「にしのみや起業家支援センター サービス利用規約」に準ずる。

第11条 損害賠償

会員が故意または過失により、建物、備品、他の会員等に損害を与えた場合は、これにより生じた一切の賠償を負う

第12条 免責事項

次に掲げる事由により会員が被った損害について、当会議所は責任を負わない

(1)地震、水害等の天変地異や火災、暴徒等の不可抗力による災害、停電、盗難、ITインフラ等通信設備やその他諸設備の不調や故障及び偶発事故、その他当センターの責めに帰すことのできない理由による損害
(2)当センターの造作及び設備等の維持保全のためにおこなう保守点検、修理等による損害
(3)会員が他の会員やその他の第三者の行為により被った損害

第13条 個人情報の取り扱い

会員からお預かりした個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等特定の個人を識別することができる情報)は、当センターの運営管理の目的にのみ利用するものとし、これを厳重に管理し、漏洩、不正流用等の防止のために適正な対策を講じる。また、第三者に無断で提供または開示することはしない。

第14条 規程の遵守

会員は、当規約及び当センターの定める諸注意を厳守し、当会議所の指示に従う。

第15条 準拠法及び管轄裁判所

当規約の解釈・適用は、特段の定めのない限り、日本国法に準拠する。また、当規約に関し訴訟の必要が生じた場合は、当会議所の所在地を管轄する裁判所を管轄裁判所とする。

第16条 規程外事項

当規約に定めのない事項及び管理運営上必要な事項は、当会がこれを定める。

第17条 規程の改訂及び抗力

当会は、当規約及び当センターの運営に関する事項を改訂することができるものとし、その効力は全ての会員に及ぶものとする

付 則

1.当規約は令和4年4月28日から実施する。