セミナーイベント

中左

検定

中右

貸会議室のご案内

会館へのアクセス

小規模事業経営者のための退職金【小規模企業共済】

個人事業主やその共同経営者、小規模企業の役員を対象にした、国(中小企業基盤整備機構)が運営する退職金制度です。毎月一定の掛金を納めることにより、将来事業をやめたり、役員を退職した時に共済金が支払われます。掛金が全額所得控除になるため、個人所得の節税にも大きなメリットがあります。

内容

★個人事業主やその共同経営者、会社役員のための退職金制度
★掛金は全額所得控除月額千円~7万円迄の選択、途中での増額・減額可能 (個人所得節税にメリット大)

★共済金受取は一括受取(退職所得扱い)、分割受取(10年・15年=公的年金等の雑所得扱い)が可能

加入対象 常時使用する従業員が20名以下(商業・サービス業では5人以下)の個人事業主・その共同経営者及び会社役員
掛金負担者

 個人 (全額所得控除)

掛金 1,000円~70,000円/月 (500円きざみ)

制度の特色
掛金は全額所得控除でき、共済金は一時金として受取る場合、退職所得扱いとされますので税法上非常に有利です。また加入者には貸付制度もあります。

詳細はこちら(中小企業基盤整備機構のホームページ)

資料を請求する
お問合わせ:TEL 0798-33-1131