セミナーイベント

中左

検定

中右

貸会議室のご案内

会館へのアクセス

事業計画

【平成28年度事業計画の概要】

Ⅰ.基本的な考え方

 商工会議所は、平成28年度の事業運営について以下の3点の計画などを柱に位置づけ、さまざまな施策、事業を推進し、地域経済の振興に取り組む。
 1点目は、平成26年10月に4委員会(総務企画・地域力強化・企業力強化・組織力強化委員会)から答申された提言の2年目として、「輝くひとづくり、ものづくり、まちづくり」のスローガンのもと、引き続き具体的な事業展開を推進する。
 2点目は、昨年12月「改正小規模支援法」に基づく「経営発達支援計画」が国に認定されたことから、これまで以上に中小・小規模事業者の課題を自らの課題として捉え、中小・小規模事業者の持続的発展を支援する「個社支援」、中小・小規模事業者の活動の場である地域の活性化を目指す「面的支援」について、西宮市をはじめ、各種関係機関とさらなる連携を図り積極的に推進する。
 3点目として、兵庫県・西宮市における“地方創生”への取り組み、とりわけ西宮市において27年度末を目途に策定される予定の「西宮版人口ビジョン・総合戦略」で示された「稼ぐ力を引き出し市民の暮らしを支える産業支援」について、市と連携して市民・事業者が将来に希望が持てる活力ある社会の実現を目指して取り組む。
 さらに、29年4月から実施が予定されている消費税率の改正及び軽減税率の導入について、セミナーの開催や相談体制の整備を行い、円滑な実施を支援する。
 第20回目を迎える「西宮酒ぐらルネサンスと食フェア」を、20周年記念事業として拡大実施するとともに、兵庫県が誘致したインターナショナル・ワイン・チャレンジ2016(IWC)「SAKE部門」にあわせて、西宮の日本酒と食の魅力を発信する関連イベントを実施する。
 また、建設から50年が経過した、西宮商工会館本館の今後のあり方について検討を始める。

 なお、平成28年度は、第27期の役員・議員の選任を予定している。

Ⅱ.主要事業

 今年度も商工会議所は、地域の唯一の総合経済団体として、その果たすべき役割や使命を再認識し、創業支援をはじめとする地域中小・小規模事業者の成長力強化と地域振興に組織の拡充と財政基盤の強化を図りながら、以下の事業を強力に推進する。
1.企業力の強化 [中小企業を元気にする活動の強化]

 小規模企業基本法・改正小規模支援法に基づき、中小・小規模事業者が円滑に事業を展開し、持読的成長が遂げられるよう、経営発達支援計画に沿った伴走型支援等諸施策を展開する。
(1) 経営発達支援事業の実施(※)
 「経営発達支援計画」の認定に基づき、以下の事業に取り組む。

  •  ① 地域経済動向調査(※)
  •  ② 経営分析・需要動向調査(※)
  •  ③ 事業計画の策定・実施支援(※)
  •    ・事業計画の指導・助言・実施支援
(2) 中小・小規模事業者等経営支援事業の推進
 経営指導員による伴走型支援を実施し、相談体制の強化を図る。また、高度かつ専門的な課題に対しては、弁護士や中小企業診断士などの専門家と連携し、個別相談会や専門家派遣事業等に取り組む。

  •  ① 経営指導員による経営改善普及事業の伴走型支援の強化
  •  ② 専門家派遣と専門家による個別相談の実施
  •  ③ 西宮市と連携したものづくり企業の活性化の支援
  •  ④ 小規模事業者経営改善資金(マル経)の普及と推薦及び各種融資制度の利用促進
  •  ⑤ 地域金融機関との連携強化
  •  ⑥ 近畿経済産業局や西宮市、経営革新等認定支援機関等と連携したものづくり補助金等補助金・助成金の説明会・個別相談会の開催
  •  ⑦ 経済産業省関連の小規模事業者持続化補助金やものづくり補助金等の事業採択支援及び運用支援
  •  ⑧ 「経営革新認定企業(兵庫県)」の取得支援
  •  ⑨ 消費税率改正及び軽減税率の導入に伴う相談窓口の開設など相談の強化、セミナー等の実施(※)
  •  ⑩ 緊急時企業存続計画(BCP)の策定支援をはじめ、事業承継等の経営課題解決への取り組みの支援
  •  ⑪ 「エコアクション21」の認証取得支援をはじめ、環境経営等の取り組みの支援
  •  ⑫ 後継者育成塾の開催(※)
(3) 販路開拓の支援
 市内企業等の優れた技術・製品や地域資源を生かした新商品などの紹介・展  示を中心にセミナーや交流会などを総合的に実施する「にしのみや産業フェア2016」を開催する。また、阪神間4商工会議所(尼崎・伊丹・宝塚・西宮)との連携事業を推進する。加えて見本市等への積極的な参加を支援するとともに情報提供に努め、市内企業のビジネスチャンスの拡大を図る。

  •  ① 「にしのみや産業フェア2016」の開催(※)
  •  ② 阪神間4商工会議所連携事業
  •  ③ 新商品開発の支援(異業種活性化支援事業)
  •  ④ ITセミナーの実施
  •  ⑤ 地域力活用市場獲得等支援事業を活用し、販路開拓の支援を行う。
(4) 起業家の発掘と若手経営者の育成
 事業者数が減少する中で創業人材の育成を図り新たな都市型産業を輩出するため、専門家や先導者の力を活用した創業支援事業を拡充する。

  •  ① 「起業塾」「経営者塾」の拡充開催(※)
  •  ② 創業計画等策定の伴走型支援の実施
  •  ③ 金融機関等との連携の強化
  •  ④ 「西宮ビジネスイノベーションサポーターズネットワーク(N-bis)」の拡充(※)
2.地域力の強化 [地域経済を元気にする活動の強化]

 「地域」は、商工業者のビジネスの基盤であり、商工業者の従業員を含む住民の生活の場であり、「地域」が元気になることが極めて重要である。そのために、地域商業の活性化、「地域ブランド」の創出、観光振興等の諸施策を積極的に展開する。
(1) 商店街・まちなかの活性化
 西宮市及び西宮市商店市場連盟等と連携し、西宮市内の商業集積の魅力を高めるために、地域の飲食店等が組織的に行う「バル」及び若手経営者を中心とした事業活動を支援するなどにより、商店街・まちなかの活性化に繋げる。

  •  ① 西宮市商店市場連盟との連携
  •  ② 地域イベントの「バル」の支援
  •  ③ 西宮市・兵庫県の空き店舗等活用・活性化事業の活用
(2) 都市型観光振興事業の推進
 西宮市が有する魅力的な地域資源(自然・風土・歴史・文化・産業等)を産業活動に結び付けた観光振興に取り組むとともに、西宮の産業特性を活かし、日本酒をはじめ、食分野における観光資源を「西宮ブランド」として情報発信するなど、地域産業の活性化を図る。

  •  ① 西宮市、西宮市観光協会との連携
  •  ② 「第20回西宮酒ぐらルネサンスと食フェア」の開催(※)
  •  ③ IWCと連携した日本酒振興イベントの開催(※)
        (IWC:インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016)
  •  ④ “西宮の日本酒”振興プロジェクト事業
       ・にしのみや日本酒学校の開催
  •  ⑤ 西宮ブランド発信事業
       ・西宮和菓子ブランド発信事業の推進
       ・第17回西宮洋菓子園遊会の開催
  •  ⑥ 西宮洋菓子研究会の支援
  •  ⑦ 異業種交流活性化支援事業の推進
       ・起業家育成事業
       ・西宮オリジナル商品の開発
       ・インバウンド観光の取り組み
(3) 環境経営への取り組みによるエコタウンづくり
 環境経営の基本となる環境マネジメントシステムの取得を支援するとともに、市内事業所の生産・物流等の省エネルギー化・エコオフイス化を支援する。また、各事業所の職場環境の維持改善を図ることにより業務の効率化に貢献する観点から5S活動の支援を行う。

  •  ① 中小企業に対する環境経営支援事業
       ・環境経営等セミナーの開催
       ・省エネ診断の実施
       ・環境マネジメントシステム取得支援
       ・エコドライブ導入支援
       ・5S活動導入支援
  •  ② エコタウンづくり推進特別委員会の開催
  •  ③ 西宮市・関係団体との連携
3.組織力の強化 [組織財政基盤の強化]

 商工会議所事業の根幹である部会・委員会活動の活性化に取り組むとともに、情報発信力の強化を図るため所報の見直しを進める。加えて、会員数の拡大や共済制度の開発強化に取り組む。さらに、将来を見すえ、職員の人材育成や能力向上などに取り組むとともに人事管理制度を構築する。
(1) 組織・財政基盤の強化、情報発信力の強化

  •  ① 議員総会等の開催
       ・議員総会、常議員会の開催
       ・議員懇談会の開催
  •  ② 会員加入促進の強化
       ・3000会員の回復
       ・未訪問会員への訪問強化(※)
  •  ③ 部会・委員会活動のさらなる活性化
       ・各部会・委員会の相互連携の推進
       ・正副会頭と委員会正副委員長及び正副部会長との連携強化(※)
       ・正副会頭と青年部・女性会との連携強化(※)
  •  ④ マスメディアへの情報提供の推進(※)
  •  ⑤ 青年部・女性会活動の支援
  •  ⑥ 所報の見直し及びホームページ等の広報活動の充実(※)
  •  ⑦ 人材育成・高齢者活用の推進
       ・職員の能力・モラル向上
       ・高年齢者雇用制度への対応(※)
  •  ⑧ 日本商工会議所・関西商工会議所連合会・兵庫県商工会議所連合会との連携
  •  ⑨ 阪神間4商工会議所との連携事業の推進
  •  ⑩ 市民に“開かれた商工会議所”の推進
       ・賀詞交換会の開催
       ・社会貢献活動の推進
       ・国際交流活動の推進
(2) 会員事業所サービスの充実

  •  ① 西宮商工会館の運営
  •  ② 西宮商工会館本館の今後の検討(※)
  •  ③ 会員サービス事業の推進
       ・成人病総合健診・定期健康診断事業の実施
       ・GSI事業所コード(JAN企業コード)の登録
       ・貿易関係証明の発行
       ・ジェトロ等との連携強化
       ・労働保険事務の代行
  •  ④ 福祉共済事業の実施
       ・生命共済(くすのき共済)・特定退職金共済制度等の各種共済制度の推進
(3) 雇用対策と人材育成
 中小・小規模事業者は地域の雇用を支えているが、近年、雇用の確保が難しい状況にある。労働関係機関との連携を通じて若年層の地元での就職促進等、中小企業の人材育成・雇用の確保を支援する。

  •  ① 事業所の人材採用の支援
       ・大学生の就職応援サイト「サクラナビ」の西宮市への移管と支援
       ・西宮市及び西宮職業安定所と連携し、市内企業と大学生との「合同就職面接会」を共催実施(※)
       ・市内企業と大学生との懇談会の実施
  •  ② 人材育成事業の実施
  •    ・西宮地区雇用対策協議会と連携し、新入社員等人材育成研修の実施

       ・階層別・職務別研修(中堅社員の能力開発)の実施

  •  ③ 労務問題に関するセミナーや個別相談会の実施
(4) 技術・技能の検定
 会員事業者や一般市民を対象に各種検定試験を実施する。

  •  ① 珠算検定・珠算競技大会の実施
  •  ② 簿記検定試験をはじめ日本商工会議所検定試験を実施
  •  ③ ビジネス実務法務等、東京商工会議所検定試験を実施
(5) 意見・要望活動の推進
 部会・委員会をはじめ、あらゆる機会を捉えて意見集約された課題を日本商工会議所、関西商工会議所連合会や兵庫県商工会議所連合会等と連携し、国・兵庫県・西宮市行政等に適宜適切な政策提言活動を積極的に展開する。

  •  ① 各部会・委員会活動、巡回等を通じての会員の意見集約
  •  ② 国・兵庫県・西宮市等への政策要望・意見の具申
  •  ③ 兵庫県・西宮市幹部と正副会頭との懇談会の開催

(注記) (※)は新規及び拡充事業